MENU

↓無利息期間あります

アルバイト・パートでも利用できる!

プロミス・アコムの違いは?

プロミス,アコム,違い

プロミスとアコムの違いを調べていますか?

 

この2社は最大手の消費者金融として有名ですよね。

 

広告やCMで露出が多い会社ですから、消費者金融の認知度としては1.2を争う企業でしょう。

 

当ホームページでは、プロミスアコムの特徴(金利、審査、限度額、特長)などを比較しています。

 

これから借りようと思う人は、会社の画像や文字をクリックするとそのまま申し込みできるHPに行けるようになっていますので、お気軽にご利用ください。

 

もちろん審査にお金はかかりません。

 

即日で振り込んで欲しい場合は、審査がお昼すぎぐらいまでに終わらないとダメなので、できるだけ早く申し込んでおいたほうがいいでしょう。

 

プロミス アコム 比較表

金利比較

上限金利:プロミス>アコム
下限金利;プロミス>アコム

プロミス プロミスの金利は年 4.5%〜17.8%です。
アコム アコムの金利は年 3.0%〜18.0%です。

 

融資最高額 比較

アコムが800万円、プロミスは最高500万円まで

プロミス プロミスの融資最高額は500万円です。
アコム アコムの融資最高額は800万円です。

申し込み可能な人の条件比較

年齢の広さで:プロミス=アコム

プロミス 年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある人。
※主婦、学生でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は申込み可能。
アコム 20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす人。

即日可能?

ほぼ同じ条件で可能:プロミス=アコム

プロミス プロミスは平日14時までにWEB契約が終われば可能。
アコム アコムは審査完了後、本人確認書類が平日14:00までに確認できれば可能。

借りられるかどうかすぐわかる?

大差ありませんがあえて言うなら:プロミス>アコム

プロミス プロミスは3項目入力の3秒診断と最短1秒の自動審査があります。
アコム アコムは3項目入力の3秒診断があります。

収入証明書は必要?

プロミス=アコム

プロミス 次のいずれかに該当する場合は必要。

・希望借入額が50万円を超える
・希望借入額と他社借入残高の合計が100万円を超える

アコム 次のいずれかに該当する場合は必要。。

・アコムの利用限度額が50万円を超える場合
・アコムの利用限度額と他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える
・既に提出済みの収入証明書が3年以上経過している

総量規制の対象ローン?

プロミス=アコム

プロミス プロミスは総量規制の対象です。
アコム アコムは総量規制の対象です。

 

欲しい物を我慢するよりは上手にカードローンを活用

プロミス,アコム,違い

 

先月初めてカードローンを始めました。

 

ローンイコール借金だから一昔前まではすごく抵抗があったのですが、友人がいつも流行の最先端の物やブランド物に身を包んでおしゃれしていたので、「そういった物を買うお金はどうしているの?」と聞いたら、カードローンを上手に活用しているという話を聞いて、その上手な活用法を教えてもらったのです。

 

友人と私は収入も家賃もほぼ同じレベルなので、彼女がカードローンを活用できるのなら私にだって出来るはずという安心感が生まれました。

 

私は実はいつもネットでいろいろな物をお買い物しているのですが、実際にはなかなか購入できずにいつもサイトのお気に入りホルダーに入れて買い物画面へ進めない状態だったのです。

 

欲しい物と云えば限りがないのですが、そういった物もカードローンで返済額をだいたい月に1〜2万円に設定しておいて、最初に軍資金として20万円ぐらい借りれば、欲しい物はすぐにゲット出来て後は月々にお給料から1〜2万円引き落とされていくといった計算なのです。

 

このやり方だったら私のお給料でも何とか返済していけそうです。

 

ボーナスが出たら一気に返してもいいし、取りえずずっと前から欲しかったお洋服とジェルネイルキット、ブーツを購入するために7万円必要だったので多めに20万円借りておきました。

 

最初に欲しい物をゲットできたら、普段は嫌な残業だって稼げると思えばこれから週に5時間ぐらいだったら頑張れそうな気がします。

 

カードローンといった便利なサービスを上手に取り入れたら、生活もすごく潤うなと感じました。

 

ローンの利息の基礎知識

プロミス,アコム,違い

 

ローンを組んでお金の借り入れを行った場合、借りた金額に金利を上乗せした金額を返済しなければいけません。

 

ローンの金利が高ければそれだけ返済総額が増えることになりますから、高い利率でローンを組んでしまうと、その分返済総額が増えてしまいます。

 

ローン金利はローンの返済計画を立てる上で重大なポイントになります。

 

借り入れを申し込むときはローン金利をチェックして、無理なく返済ができる範囲で利用しましょう。

 

今回は、ローンの金利についての基礎知識を紹介します。

 

ローンの中でも、一般の方が広く利用するローンの代表格が住宅ローンです。

 

住宅ローンの金利はその時の景気動向と経済政策に大きく影響されます。

 

住宅を購入するときは、ローン金利が低いときが狙い目です。

 

また、金融機関によっても金利は異なりますから、なるべく金利の低い金融機関でローンを組むと、返済負担は低くなります。

 

ただし、金利の低いローンプランを利用するためには、それだけの信頼が無いとローンを組むことができません。

 

年収額が低かったり、収入が低かったりすると利用資格審査に通過することができずに、金利が高いプランしか利用することができなくなってしまうので注意してください。

 

利用目的が決められていないフリーローンやカードローンの場合、住宅ローンよりも高いローン金利が設定されています。

 

10パーセントを超えるような高金利のローンも多く、油断しているとあっという間に返済総額が膨らんでしまいます。

 

利用時は必要最低限の金額のみ借りるようにして、返済総額をむやみに増やさないように気を付けてください。

 

プロミス,アコム,違い

 

プロミス,アコム,違い

 

★ プロミス・アコム比較 ★